飯山智尚、27歳。
彼女のいないサラリーマンです。
社会人は出会いがありません。
学生の頃からも、実は出会いがありませんでした。
イケメンじゃないし、性格的に面白い男でもない僕。
女の子から、見向きもされない状態が続いてしまっていました。
仕事をするようになってからは、仕事のストレスなども激しく、性的な処理もできないため、毎日のオナニーを欠かすことができませんでした。

 

 僕の好みは、女の子のオナニー動画です。
素人の女の子が、夢中でオナニーをしている姿を見ると、強烈なムラムラを感じてしまいます。
毎日のように、ネットにあるオナニー動画を見ながら慰めていました。

 

 Twitterの裏垢のオナ電の希望者を探しているときのことです。
オナ電希望の女子大生が、オナ指示を求めていました。
アイコンは、とてもキュート。
継続した関係も視野に入れているらしく、連絡を入れればもしかしたらな関係が作れるかもと思いました。
無料のオナ電で激しくオナニーを楽しむ。
妄想が膨らみまくっていました。

 

 やりとりは、あっさりと成功。
初めての経験らしく、怖さも感じているようです。
安心を買いたいと言われました。
初回アマギフ2万円分支払いで、継続して無料のライブチャットを手に出来ると分かって、居ても立っても居られない気分でした。
無料のエロチャットで素人の女の子のオナニーを楽しめる。
もしかしたら、オナニーの見せ合いとかも出来るかも。
気分は高揚しつづけてしまっていました。
女子大生の言う通り、ギフト券を支払うことにしました。

 

 あろう事か、アマギフのギフト券コード番号を教えたら、そのアカウントが消えてしまっていました。
削除されてしまったのです。
2万円も支払ったのに、オナ友になれなかったのです。
脳内真っ白で、思考停止状態になってしまいました。
どういうことが起こったのか、少しも想像できませんでした。

定番アプリ登録は無料

無料でオナ電する女子を探すなら!

 

即オナ電を開始できるアプリ!

TOPへ